さらにっき

何かのお役に立てば。日々のレポ。

格安SIMレポ

あんまりこう長いタイトルってどうなのかなって思っていて。

「ワーキングマザーが一年使って実感した格安SIMの最強コスパとそのデメリット10選!!」とか書くと見切れちゃいません?(視野から)

 

さて本題へ。

1年ほどmineo(マイネオ)の格安SIMを使っています。

以前はソフトバンクでした。

格安SIMも割と浸透してきたのかなと思いますが、気になってる人も多いかと思いますのでレポします!

ちなみにmineoしか使ったことがなく、他社の格安SIMとの比較はありませんので悪しからず。

 

サクッと結論から行くと毎月の携帯電話の請求が7,000円から2,000円になりました。

外であまり動画を見たりゲームをせず、電話もそんなに掛けない人にはおススメです。

 

格安SIMってなにかを簡単に説明すると、

SIM=携帯やスマホの中に入っている小さいカード。これがないと電話やインターネットできない。ただし無くてもWi-FiでインターネットやLINEなどの通話はできる。

 

三大キャリアでスマホを契約すると、スマホ本体と中のSIMカードも同時にセットで契約してるんですね。

中のSIMカードだけ、格安SIMに入れ替えると、電話などの通信料が安くなるのです。

通信料の安いSIM=格安SIMです。

「格安」って言われるとどことなく「訳あり」を想像するので、とっつきにくい感じがあるかもですね。

(私は楽天で「訳あり」で検索するのが好きです)

 

なお、今契約しているプランは月額500MBのプランです。

500MBで足りるかって言われると、まあ、足りませんね!

 

でもmineoは家族や知人から余った容量をもらうことができます。

mineoのサイトでは月末に容量が足りなくなると一定の条件つきで他のmineoユーザから使わない容量をもらうこともできます。

これはなかなか便利ですね。

 

通信速度や電波状況ですが特に不便を感じたことはないです。

ただ、通信している人が多くなる時間帯(お昼休みなど)や通勤電車などは遅くなる可能性もありますが私は基本的に引きこもっていますのでここは分からず・・・

あえて月額500MBにしておいて、外ではあんまりスマホ触らないぞ!みたいにするのもいいんじゃないですかね。

本でも読みませんか?

 

後気をつけることは、手持ちのスマホSIMロックされている場合です。

SIMロックとは、そのスマホが、契約したキャリアの回線しか使えない状態です。

 

例えばA社と契約したiPhoneが手元にあるとします。

すると、A社の回線を使えるSIMカードを入手する必要があります。

D社の回線しか使えないSIMカードを使いたい場合は、iPhoneSIMロックを解除してD社の回線も使える状態にする必要があります。

この辺はややこしいので(≒調べて書くのが面倒)、契約しているキャリアや、格安SIMの窓口などに確認をお勧めします。

 

ちなみにキャリアのメールアドレス(@docomo、@softbank.ne.jpなど)は、格安SIMにする場合は使えなくなります。

上記のアドレスはキャリアとの契約があって初めて使えるものなのです。

こちらもご注意くださいね。

 

お得なキャンペーンがあるようなのでリンク貼っときます!

mineo.jp

 

 ここからまあどうでもいい話なんですけど、ショッピングモールとか行くと「ワ◯モバイル」とかいろんな会社がキャンペーンやってて、「風船あげるよ」「ビンゴできるよ」と子供をダシにして勧誘してはるわけですよ。

話聞かされるのが苦手なのでと思って「風船ダメ!!!」とか子供に言ったら子供「ふへ?!」ってなるし困るんですよね。

 

案の定、子供が風船につられてブースに引き込まれて行き、話を聞かされるのです。

「ところでキャリアはどこと契約していますか?」

「 mineoです」

「あーmineoさんよりは安くならないですねぇ」とここで帰ることができます。

食い下がってくる方は

「おうちのインターネット回線はどこですか?」と聞いてきますが

うちの回線はマンション単位で契約している(たぶん)マイナーな回線で

インターネット料金は月々2千円なので

「それは安いですねぇ」とここで帰ることができます。 

 

話が逸れましたが、とりあえず安くてお勧めですよってことです。

しかし通信料金っていう形のないものに今まで高いお金払っていたのはなんなんでしょうね。

いっそどこもかしこもWi-Fi飛ばしたらいいんじゃないですか。

 

以上です!