さらにっき

何かのお役に立てば。日々のレポ。

左利きレポ

食べ物のCMで左利きの方を見ることが増えたように思いませんか?

私が左利きなのでその辺敏感なのかもしれませんが。

 

何かの役に立つかもしれないので(=なんの役にも立たないかもしれませんが笑)私が経験して来た左利きのメリットやデメリット、矯正すべきかを書いていきます!

 

メリット

・かっこよく見える(らしい)

・スポーツで有利(らしい)

 ・隣の人との間にある物を共有しやすい(図工の時間に使う、絵の具用に水を入れるバケツしか思いつきません)

 ・左手で文字を書きながら右手で消しゴムを使える(実際やろうとするとノートを支える手が足りなくてノートが「ぐちゃあ!」ってなります)

 

果たして、これらは本当にメリットなのか、、

たぶんスポーツは有利なんだと思うんですけど、私がスポーツの知識無さすぎてなんにも書けないのです。

 

さて気になるデメリットへ。

 

デメリット

・お習字が苦手

→毛筆を左手で持つと「はらい」や「とめ」がスムーズにできない

・ペン先が潰れやすい

→文字は左から右へ書いていくため、左手でペンを使って文字を書くと、常にペン先に負荷がかかる

・ハサミが使いにくい

→左手でハサミを使うとハサミの刃と刃の間に微妙な隙間ができるため切りにくいです

・食事の際に左隣に右利きの人が来ると肘がぶつかる

→間隔をあければ問題ないですが狭いと肘がぶつかります

 

デメリットですが、

・毛筆で字を書く機会は小学生の時のお習字がピーク

・ペンによっては左利きでも優しい書き心地(JET STREAMおすすめ!!)

・左利き用のハサミを買う

・食事の時は左端を陣取る

などで回避できるので、そんなに致命的なデメリットはないかと思います。

 

つまり大したメリットもデメリットもないってことですよ!!

 

そして「左利きは矯正すべきか」ですが。

お察しの通り矯正反対派です。

 

矯正されそうになった側からすると迷惑かつストレスでしかないです。

(しかも親の知り合いから矯正されそうになりました、なんのこっちゃ)

利き手と反対で字を書いたり、お箸を使ったりしてみてください。

「いー!」ってなりますよ。

矯正させようとする側の言い分は大体「お習字の時困る」「みっともない」でした。

小さい頃は周りの大人の言うことは絶対のような雰囲気があり困ったものですが、今思えば「それがどうした」ですね。

社会人になってから字を書く機会も減り、パソコンでブラインドタッチできる方が役に立ちました。

 

高齢の方からは本当ごく稀に偏見の目で見られる事がありますけど、「左ぎっちょで字が書けるのか」「親のしつけうんぬん」とかなんにも筋の通ってないことを言われるだけなので「そうですかー」と受け流してました。 

反論しても得られるものがないので。

 

矯正するか悩むくらいならば、利き手がどちらであっても、好きなように絵や字を書かせてあげる方が個性を伸ばしてあげられると思います。

 

 

上で説明したハサミなんですけど、今私が使っているハサミはこちら。もうたぶん20年くらい使っています。

ハサミって壊れないですよね・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Wエントリーでポイント9倍!】はさみ L型 左利き用
価格:1404円(税込、送料別) (2018/4/15時点)


 

 

お子様にはもう少し小さくてお安いのもありますね。


 

ボールペンのJET STREAMのおすすめリンク貼ろうかと思ったんですけど、たぶんコンビニとかどこでも売っているので探してみてください笑

 

 

ちなみに私は包丁で皮を剥く時は右手で、切るときは左手なので両手がベタベタになりますよ!

以上です!