さらにっき

何かのお役に立てば。日々のレポ。

立ちくらみがひどいので受診してみました 〜起立性低血圧〜

小学校の朝礼で急に真っ青になって倒れる生徒がいませんでしたか?

私です。

朝礼が終わってみんなが待っている教室に一人遅れて戻る気まずさは今でも覚えています。

今になって思えばなぜわざわざ立って長い話を聞く必要があったのかいまいち謎ですけどまあそこはおいといて。

 

大人になった今もめまいがひどく、最近は急に立ち上がったときに目の前が真っ暗になって数秒意識が飛んでしまい、自分が何をしていたか分からなくなることがあったので「さすがにやばいんじゃないか」と思い受診しました。

 

近くの大きい総合病院に行ったら「紹介状なしだと診察費以外に選定療養費が5400円かかる。保険は適用されない。」と言われびっくり。高いのですね。

ネットで調べるとめまいは複数の科を受診する可能性があり、その総合病院は事前に看護師さんが受付で話を聞いて適切な科に案内してくれるというので、どうしてもその病院に行きたかったのです。

 

受付で看護師さんに相談すると内科を提案されました。

ぐるぐる目が回るようなめまいか、血の気がひくようなめまいかで変わるようです。

私の場合は、後者でした。

(ちなみに昔住んでいた家では、寝入りばなによく天井がぐるぐる回って危ないところに引っ張られていきそうな感覚があったのですが、おそらくこれは心霊現象・・・)

 

内科を受診し、血圧を測ってもらい、症状を話すと「起立性低血圧」とのこと。

別名、たちくらみ、脳貧血というようです。

病気ではないので薬はなし。

立ち上がった瞬間、脳をめぐる血液が一時的に少なくなり、本来は心臓がポンプの機能を果たして血を脳まで届けるのですが、脳に血が届くまでに時間が掛かるとそれまでの間ふらつきを感じたり意識が遠のいたりするようです。

 

ではこれからどう対応していけばいいか聞くと、立ち上がるときはなるべくゆっくり立ち上がるようにとのこと。

なんと、シンプルな・・・しかし難しい。

ひとまずは仕方ないかと納得して、帰路につきました。

 

とはいえ、子供が小さいと突然立ち上がって何かしないといけないこと多いですよね。

何か対処方法はないものかとネットで調べていると「ストレスなど様々な原因で自律神経が乱れると、脳に血液を送る機能がうまく働かず立ちくらみが起こる」との記述が。

 

あ、ストレス?!

そういや最近めっちゃ溜まってたわ!!と思い帰りに一人でカラオケボックスに二時間こもって歌ってきました。

これはまた別の記事で。

 

ちなみにお医者さん曰く、採血の時に気を失う(私です)のは「注射針への恐怖などが原因で起こる血管迷走神経反射」が影響しており、起立性低血圧とはまた別物だそうです。

なので採血の時はいつもベッドで横になって血を抜いてもらうのですが、看護師さんがいつも優しく「はい、今から注射の針がささりますよー、怖くないですよ、終わりましたよ」となだめてくれるのは私の恐怖心を和らげようとしてくれていたのですね。

いつもありがとうございます。

 

以上です!ご参考になれば。

 

※医学的知識のない一個人が書いたブログですのであくまで参考に。正確な診断は病院へお願いします※