さらにっき

何かのお役に立てば

R-1ヨーグルト量産レポ

念願のヨーグルトメーカーを手に入れたのでR-1ヨーグルトを量産してみました!

ネットで調べているとヨーグルトを作るのに失敗する・・・という話もあったのですが

今のところ100%成功しているのでその手順などを紹介したいと思います。

※この通りにすれば必ず成功すると保証するものではありません。参考程度にとどめてください。

 

ヨーグルトメーカーを入手

娘が通う保育園のバザーで格安で入手。

おそらく未使用なのですがなんと300円でした。

牛乳パックをそのまま入れるだけでいいので片付けや保存がとても楽チンです。

 

スペック

商品名:ヨーグルトメーカー

メーカ:National

型番:NW-55

メーカーのHPを見たのですがもう生産終了しているようです。

価格なども不明でした。

 

 f:id:chipandsara:20170926150846j:image

 

ちなみに手前についているダイヤルはタイマーではありません。

何時にヨーグルト作りが終了するかを忘れないようにするための目盛りです。

温度調整の機能もないとてもシンプルなものです。

最低限の機能のみで壊れにくそうで気に入っています。

 

ヨーグルト量産レポ

では早速R-1ヨーグルトを作ってみます。

近所のスーパーで売っていた、生乳100%の3.6牛乳を購入。

f:id:chipandsara:20170926150558j:plain

 

R-1ヨーグルトも購入。

混ぜるためのスプーンを消毒するのが面倒なのでドリンクタイプにしました。

あす楽明治 R-1 ヨーグルト ドリンク タイプ(112ml×12本)【クール便】 R-1 ヨーグルト 飲むヨーグルト のむヨーグルト 明治特約店 (クール便)

 

 

牛乳パックを開封し少し飲みます。

ドリンクタイプのヨーグルトを入れたときに溢れてしまわないようにします。

ヨーグルトを入れたら牛乳パックの蓋を手で押さえて軽く振ります。

 

ヨーグルトメーカに牛乳パックをセットし、コンセントを差して待ちます。

説明書には9-12時間待つとありましたが12時間待つと発酵が進みすぎたのか結構酸っぱくなりました。

9時間にしたところ、酸味はありますがマイルドな味になりました。

どちらの時間でも固まり具合には問題ありませんでした。

f:id:chipandsara:20170926150920j:image

f:id:chipandsara:20170926150928j:image

 

材料費(牛乳280円+R-1ヨーグルト120円)約400円でR-1ヨーグルトを約1000ml作ることができました。

 

注意点

・ヨーグルト完成直後は生ぬるい状態なので冷蔵庫で冷やす時間が必要です。

(私は朝ヨーグルトを食べたいので、朝から作り始めて夜に冷蔵庫に入れて冷やしています。)

 

・完成したヨーグルトはそのまま冷蔵庫に入れて保存できますが、食べて量が減っていくにつれて上からスプーンですくって取り出すのが難しくなります。

(容器を詰め替えるのは雑菌が心配なので私はヨーグルトの減りに合わせて牛乳パックを上からハサミで切っています。)